VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」

仮想現実(VR)技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化しています。従来はできなかった表現が可能になるため、クリエイターの意欲が強いほか、既存サービスの魅力を高める効果も期待されているのです。VRを楽しめる端末はまだ普及しておらず、収益性が課題ですが、将来的にはゲームなどとともに、映像コンテンツ市場も拡大が予想されていて、各社はノウハウの蓄積に余念がありません。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が販売する「プレイステーション(PS)VR」は、主にゲームを楽しむ端末ですが、映像コンテンツの提供も目立ります。SIEと映像制作のアニプレックス、カヤックは、アニメ映画を題材とした映像作品「傷物語VR」を開発しました。ゴーグル型の端末をかぶると、アニメの登場人物が隣に座り、一緒に映画のハイライト映像を見るという内容です。仮想空間の中なので、この映像をさまざまな形で映し出すことができます。教室で見始めたはずが、いつの間にか屋外にいたり、映像が水たまりや割れたガラスの破片、霧に投影されるようになるのです。
vr

Leave a Reply