「キャッシュ」を消去して内蔵メモリを確保

アプリを整理した後なのに、空き容量が少なくなってしまうこともあるはずです。その原因となっているのが「キャッシュ」です。頻繁に見るウェブサイトなどの情報を、一時的に保存しておくデータのことをキャッシュと呼ぶのですが、その分も内蔵メモリを使っています。そのため、メモリ確保には以下の操作が必要になります。「設定」からアプリの管理画面に進むと、アプリごとにキャッシュを消去できます。特にウェブサイトのブラウザはキャッシュが溜まりやすいので、定期的に消去すると内蔵メモリの低下を抑えられるでしょう。ただし、「データ」には注意が必要です。たとえばメールの場合、「データ」を消去すると、グループ設定や送信・受信メールなども消えてしまうことがあります。データを消去する際は、何が消えてしまうかを事前にチェックしておきましょう。「容量不足、解消します!」(Android用アプリ)は、「キャッシュ消去」「SDカードに移動」「アプリ削除」を、一挙に行えるアプリです。「設定」から消去や移動する場合、アプリごとに行わなければいけませんが、このアプリなら一括で実行できるので手間が省けます。アプリ管理がラクになれば、日常的に行いやすくなりますよね。
スマホの動きをよくする、メモリの「解放」とはなんだろう?

Leave a Reply