ローコストで「Googleカードボード」を使う

「VR」や「AR」という言葉自体はよく聞かれるようになったのですが、意外に普及が進んでいないように感じます。たとえば、プレステ4でVRを楽しめるPSVRという機材などはけっこう有名ですが、価格がプレステ4よりも高かったりしますし、PSVRを使用するには当然、プレステ4も必要です。ちょっと試してみたい程度の人が7~8万円を支払うというのはハードルが高く、結果として、日本ではVRがあまり普及していないのです。パソコンと組み合わせて使うVRゴーグルとして「Occulus Rift」や「HTC VIVE」などがあるのですが、これらも10万円程度して、高性能なゲーミングPCが必要だ。こんなことではVRが流行らなくても仕方ないというものです。しかし、実はローコストにVRを楽しむことも可能で、日本でもひそかに一部で流行しているようです。それは「Googleカードボード」を使うことです。これはGoogleが提供しているVRビューワーで、メイン部分が段ボール紙でできていて手軽に組み立てることができるのです。

By admin on 2018年1月9日 | 未分類 | A comment?

VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」

仮想現実(VR)技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化しています。従来はできなかった表現が可能になるため、クリエイターの意欲が強いほか、既存サービスの魅力を高める効果も期待されているのです。VRを楽しめる端末はまだ普及しておらず、収益性が課題ですが、将来的にはゲームなどとともに、映像コンテンツ市場も拡大が予想されていて、各社はノウハウの蓄積に余念がありません。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が販売する「プレイステーション(PS)VR」は、主にゲームを楽しむ端末ですが、映像コンテンツの提供も目立ります。SIEと映像制作のアニプレックス、カヤックは、アニメ映画を題材とした映像作品「傷物語VR」を開発しました。ゴーグル型の端末をかぶると、アニメの登場人物が隣に座り、一緒に映画のハイライト映像を見るという内容です。仮想空間の中なので、この映像をさまざまな形で映し出すことができます。教室で見始めたはずが、いつの間にか屋外にいたり、映像が水たまりや割れたガラスの破片、霧に投影されるようになるのです。

By admin on 2017年12月23日 | 未分類 | A comment?

ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

そのベンチに腰を下ろすと、向かい側に鏡のようなものがあるのに気づきます。そこに写っている自分を見てはねた髪を直そうとしていたら、小さな象が目の前をのんびり横切って歩いてくる。そして隣にやってきてドスンと座り、金色に輝く丸い球を差し出した─。これは決して夢ではないですし、ましてや幻覚を見ているわけでもありません。ディズニーで研究開発を担う部門、ディズニー・リサーチのつくった「マジックベンチ」に座っているだけなのです。この新しいプロジェクトは、複合現実(MR)の限界とされる要素のひとつを克服するものとして注目されています。MRとは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を組み合わせた技術です。CGなどでつくった世界や空間を擬似的に体験するのがVR。それを現実世界に反映・拡張するのがARです。そして現実に反映させた仮想世界を、リアルタイムで違和感なく体験できる技術をMRと呼ぶのです。マジックベンチでは、不格好なヘッドセットのことなど忘れてしまって構いません。頭では理解しがたい素晴らしい経験をしたいなら、ただ座るだけでいいのです。

By admin on 2017年12月8日 | 未分類 | A comment?

VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」

仮想現実(VR)技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化しています。従来はできなかった表現が可能になるため、クリエイターの意欲が強いほか、既存サービスの魅力を高める効果も期待されているのです。VRを楽しめる端末はまだ普及しておらず、収益性が課題ですが、将来的にはゲームなどとともに、映像コンテンツ市場も拡大が予想されていて、各社はノウハウの蓄積に余念がありません。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が販売する「プレイステーション(PS)VR」は、主にゲームを楽しむ端末ですが、映像コンテンツの提供も目立ります。SIEと映像制作のアニプレックス、カヤックは、アニメ映画を題材とした映像作品「傷物語VR」を開発しました。ゴーグル型の端末をかぶると、アニメの登場人物が隣に座り、一緒に映画のハイライト映像を見るという内容です。仮想空間の中なので、この映像をさまざまな形で映し出すことができます。教室で見始めたはずが、いつの間にか屋外にいたり、映像が水たまりや割れたガラスの破片、霧に投影されるようになるのです。

By admin on 2017年11月13日 | 未分類 | A comment?

分解&持ち運び可能!エレコムの“簡単組み立て式VRゴーグル”

レザーライクな質感が光る、エレコムのスマホ用VRゴーグル「P-VRG01シリーズ」です。簡単組み立て式で、持ち運びできるユニークな製品となっています。本製品は、全国の量販店で発売されており、価格は1800円です。本製品は組み立て式の簡易VRゴーグルで、レザーライクな質感がオシャレ。組み立ても簡単で、分解した際の持ち運びやすさも特徴です。ボタンやダイヤル類は一切ない簡易的な構造ゆえに、焦点距離や瞳孔間距離の調整はできない。だが、ピンボケせずに鮮明な映像でVR体験ができる製品なのです。スマホの装着機構は非常に簡易的で、前方に付いている蓋でスマホを挟み、上部のスナップボタンで蓋を固定する構造です。iPhone 6s、iPhone 6s Plus、Xperia Z5を固定してみたところ、いずれも問題なく固定することができました。スナップボタンは下記の画像のように二段階になっていて、スマホの大きさに合わせて位置を変えることができます。

By admin on 2017年11月6日 | 未分類 | A comment?

“ウェアラブルメリットデメリット “

ウェアラブルデバイスのメリットは、何と言っても生活との密着感であります、体に身につけることによって負担なくデバイスを装着し体の情報、健康管理などに便利です体に馴染んで来れば手放せなくなってくる可能性があります。
デメリット
ウェラブルデバイスは近年誕生して値段がまだ高いです、またクオリティ、性能的にもまだ安定していないモノもあります。例えば、2014年情報ですがサムスンのスマートウォッチは価格が6万円弱で返品率も3割近くあると言われています。さらにスマートウォッチは、スマートフォンとの連携が売りになっていますがあまり連携しているアプリの数が少ないというのも問題点だと思われます。
以前Google Glassに対する期待も高まっていましたその時言われたことは、バッテリーの持ちが悪いとかデザイン性に欠けるというデメリットも指摘されています、しかしこの点はたくさん種類がありデザインが洗練されているアップルウォッチが解決してくれると思います

By admin on 2017年10月30日 | 未分類 | A comment?

ウェアラブル端末の「R-timer1250」とは?

近年、ウェアラブル技術は急速に普及していますので、これから先は日常生活の一部になっていくと考えられます。
気軽に身につけて外出することができますし、どこに行っても邪魔になることがほとんどありませんので、何も気にすることなく使用することができて便利ですね。
様々な分野で活躍してくれるアイテムなので多くの人が使用していますし、色々なメーカーが様々な種類のウェアラブルを発売しています。
そうしたウェアラブルにはスマートウォッチというものがありますが、その中の一つに「R-timer1250」という人気ウェアラブルがあります。
このウェアラブル端末をランニングの時に使用すると歩数や移動距離、消費カロリーなどを計測することができますので、健康管理だけではなくダイエットにも生かすことができるでしょう。
また、お手持ちのスマートフォンと連携させることで電話の不在着信やSNSなどの通知を表示することができますし、カメラのシャッターをリモート遠隔操作することができますのですごく便利だと思います。
それに、アラームやストップウォッチなどの時計機能も搭載されています。
このようなウェアラブル端末は青色のLEDバックライトが搭載されていますので暗闇でもしっかり確認することができます。

By admin on 2017年8月17日 | 未分類 | A comment?

バーチャルリアリティを「Shangke」のVRゴーグルで体験する

バーチャルリアリティを体験したことが無い人は「Shangke」のVRゴーグルで体験してみるのも良いと思います。
なぜなら「Shangke」のVRゴーグルはバーチャルリアリティの入門にピッタリだからです。
このVRゴーグルはリーズナブルな価格ということもあって多くの人が使用しており、良い評判や口コミばかりがある人気VRゴーグルです。
バーチャルリアリティを初めて体験する人でも簡単にスマートフォンがセットできます。
お持ちのスマートフォンに3D映像を出してからヘッドマウントを開けてセットするだけです。
誰でも分かりやすいので幅広い年齢層で使用されています。
また、頭を固定するベルトは横2箇所と縦1箇所に付いていますのでしっかり固定することができますし、それぞれベルトの長さを調節することができますので、自分の大きさに合わせて快適にバーチャルリアリティを体験することができます。
それに、本体重量を軽くしてありますので頭と鼻筋にあまり負担をかけません。
だから、バーチャルリアリティを長時間楽しむことができますね。
このようなVRゴーグルは4インチから6インチのスマートフォンに対応していますので、スマートフォンを持っているほとんどの人が使用できると思います。

By admin on 2017年7月30日 | 未分類 | A comment?

KDDI、AQUOS SERIE mini SHV38

AQUOS SERIE mini SHV38 は、4.7 インチフル HD の IGZO 液晶ディスプレイを搭載した小型モデルで、横幅 67mm と非常にコンパクトです。また、フロントカメラには 100 度の広角レンズを採用した 800 万画素カメラやフラッシュを搭載していて、自撮り写真を従来の SHV33 よりも広い画角でより明るく撮影できるようになっています。外観は AQUOS SH-M04 や AQUOS EVER 風です。背面カバーはラウンドフォルムを採用しており、前面には 2.5D 仕様のガラスパネルを採用したことで、グリップ感とタッチ時の操作性を改善しています。AQUOS SERIE mini SHV38 ではリアカメラも強化されています。イメージセンサーは 2,100 万画素で、レンズには F / 1.9 を採用し、リコーの「GR certified」も取得しました。また、光学手ブレ補正や側面のカメラシャッターキーを搭載しています。AQUOS SERIE mini SHV38 の主要スペックは、Android 7.0 Nougat、4.7 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの IGZO、Snapdragon 617 MSM8952 1.5GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 256GB)、背面に 2,100 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,400mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、おサイフケータイ / NFC、ワンセグ、LTE、VoLTE、WiMAX 2+ に対応しています。筐体サイズは 135 x 67 x 8.6mn、質量は 134g です。カラバリは、ホワイト、シャンパンピンクの 3 色となっています。

By admin on 2017年6月30日 | 未分類 | A comment?

「iPhone 8」の量産を阻む問題とは?

米アップルが今秋発売する予定の新型「iPhone」の最上位モデルは、量産に関して技術的な問題を抱えていて、場合によっては発売時期が年末までずれ込む可能性があると、アップルインサイダーなどの米メディアが報じています。新デザインに量産上の問題。これは、米金融サービス会社、コーエン・アンド・カンパニーのアナリスト、ティモシー・アーキュリ氏が4月12日付で顧客に出した調査ノートで報告したものです。iPhoneの2017年モデルについては、現行モデルと同様、液晶ディスプレーを備え、画面サイズが4.7インチと5.5インチの2モデルが用意されると見られているのですが、新たにOLED(有機EL)ディスプレーを搭載し、画面サイズが5.8インチの新デザインモデルも登場するとの観測が出ています。このうち、5.8インチOLEDディスプレーモデルは、iPhone発売10周年の目玉となる最上位機種という位置付けで、その名称は「iPhone 8」「iPhone X」「iPhone Pro」「iPhone Edition」などと噂されています。そして、このモデルでは、物理的なホームボタンが廃止され、代わりに、現在ホームボタンが兼ね備えている指紋認証機能「Touch ID」が、ディスプレーの表面下に配置されると言われているのです。しかし、アーキュリ氏によると、iPhoneが現在採用している指紋認証技術をディスプレー下部に組み込むと、歩留まりが悪くなるのだということです。

By admin on 2017年6月16日 | 未分類 | A comment?