独自のキーボードを搭載「BlackBerry KEY2」

“BlackBerry KEY2の特徴は、「QWERTキーボード搭載のAndroid端末」として開発されているところです。
BlackBerry KEY2は、ハードウェアキーボードを搭載することで、テキスト入力に自信がある人でも、パソコン同様に使えるAndroid端末となっています。今では、フリック操作も含めて、Android端末独自の入力方法、もしくは入力サポート機能が充実してきました。
ですがBlackBerry KEY2は、従来のものよりも高速で大量の文字を入力したい、このような要望を持っている人とも相性が良いのです。BlackBerry KEY2は、SIMフリースマホでもあるのですが、「キャリアアグリゲーションに対応」となっているため、その恩恵を受けて、「各キャリアで出せる最高速度をもって通信可能」なスマートフォンとなっています。
そのため、他のスマートフォンと分けて案内されることが多いのです。”

By admin on 2019年5月25日 | 未分類 | A comment?

スマートフォンを基礎から学べる「LG Electronics it LGV36」

“スマートフォンというと、若者、ビジネスマンなど、社会で働いている人が良く利用している、最新機種を求めているイメージがあります。
ですが今では、子ども、主婦(主夫)、老人もスマートフォンを持っていますし、国民の80%以上はスマートフォンを有しているような、そんな時代となりました。その影響もあり、近年では、LG Electronics it LGV36のようなスマートフォンが、注目されるようになっています。
LG Electronics it LGV36は、基礎からスマートフォンの利用方法を学べるようになっています。前述した子ども、主婦(主夫)、老人のような人たちは、そもそもスマートフォンを使い慣れているわけではありません。
そこでLG Electronics it LGV36は、スマートフォンの使い方がわかるようになる学習アプリをインストールしているのです。スマートフォンでは基礎となる、スクロール練習、文字入力などをまとめて学べるようになっているため、これからスマートフォンを持つ人向けのAndroid端末として人気を集めています。”

By admin on 2019年5月22日 | 未分類 | A comment?

スマートフォンの「Blade V580」

“背面に高感度指紋認証センサーを装備し、高級感溢れるメタリックボディで手に馴染みやすいラウンドシェイプも採用しているスマートフォンが「Blade V580」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはシルバーとグレーの2色が用意されており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約155ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約165gという薄型コンパクトサイズです。
CPUはMT6753オタクコアプロセッサでメモリはRAM2GB、内蔵ストレージは16GBで最大32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチフルHDディスプレイを搭載し、バッテリーは本体と一体型の3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとフラッシュライトがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには高いパフォーマンスを発揮する高性能CPUが搭載されていますので快適に楽しむことができます。”

By admin on 2019年5月15日 | 未分類 | A comment?

話題のUQモバイル「HUAWEI nova lite 3」

“HUAWEI nova lite 3は、発売日が2019年2月1日となっておりますので、最新機種の中でも特に注目されているスマートフォンの1台です。
また、HUAWEI nova lite 3が人気の理由は、UQモバイルが「コスパスマホ」と呼ばれるスマホを長く販売しており、その中でもHUAWEIシリーズの人気は、飛び抜けて高いからです。実際に、一般的なキャリアスマホの価格と比較すると、HUAWEI nova lite 3は、一括価格が約31500円となっておりますので、実は半額近い価格でHUAWEIシリーズを利用できます。
コスパスマホと言われるだけあって、一括価格だけでなく、分割価格も安いのがHUAWEI nova lite 3の利点でしょう。分割価格では、約1290円で持てるようになっていますので、「学生も気軽に利用できる」というのは本当のことです。
そして、HUAWEI nova lite 3は「しずく型ノッチ」も搭載しています。こちらの機能は、画面を広々と使える、他社のスマホとは違い独自のデザインを採用しているため、デザインのオリジナリティにこだわっている人、特に若い人であれば、欲しくなるスマートフォンの1台として有名です。”スマホ 画面サイズ

By admin on 2019年5月11日 | 未分類 | A comment?

イヤホンを使用する時の注意

イヤホンやヘッドフォンをつけて音楽を聞いたりする人がほとんどだと思うが、寝てる時に音楽を聞きながら寝る人はどれくらいいるだろうか。音楽を聞くのはいい習慣だと思うが、寝ながらイヤホンやヘッドフォンをつけて寝るのはやめた方がいい。一回や二回ぐらいならば問題ないかも知れないが、習慣になると耳が聞こえなくなる可能性が出てくるのだ。今となっては線を必要としないイヤホンもあるから、寝ている時に首が絞まって死ぬ事故は減ったためか油断している人が多い。しかし寝ている時につけているイヤホンは寝返りとかで外れないこともある。すると翌朝起きてもずっとつけっぱなしで難聴になったりするみたいだ。実際に中国の大学生がなったらしいので、噂だけというわけでも無い。例え線がないイヤホンでも耳の危険があるため控えてほしい。大音量で音楽を流したりするのも、病気の原因でもある。だから、使うときはいつでも外せる状態と、音量をなるべく控える時に使って欲しい。スマホ 画面サイズ

By admin on 2019年4月2日 | 未分類 | A comment?

安くてもいいなら3万以内にいい機種に出会える

今の時代スマホといえば最新機種がかっこいいや、新しい方が機能が充実していると言われて、ついつい最新のものを買おうとする傾向にある。しかし、最新のものとなるとやはりそれなりに値段が高くなり、手に入れるには少々悩む所だ。そんな中私はある一つの記事を見つけた。その記事には1〜3万円台のお金さえあれば、素晴らしい機種に出会えると書いてあった。例えば約一年開けて久しぶりにリリースした、wikoの「Tommy3 Plus」なんてどうだろうか。スペックは最新機種に劣るが、値段は一万円台から見つけられる上、質感は高く、高音質通話もできる。他にはシャープの「AQUOS season2」なんてのもいいと思う。価格は3万台に乗るのだが、最新機種と比べると安い。さらに省電力に優れたディスプレイを使用しており、バーチャルHDRに対応してるなどして満足度も高い。もしも最新にこだわっていないのなら、一度このようなスマホを手に取るのもいいかもしれない。

By admin on 2019年3月29日 | 未分類 | A comment?

“したのです。 東京に本物の牛が登場!乳しぼり体験ができる農園イベント開催”

東京・丸の内で農業体験やこだわりの産地の食を楽しめる「JAPAN HARVEST 2017 丸の内農園」が、11月4日(土)、5日(日)の2日間限定で開催されました。このイベントは、2012年から「食と農林漁業の祭典」の一環として開催されているものです。日本の農業や食の未来を考えることを目的に、6つのエリアに分けて体験型ブースや、食関連団体などによるこだわりの産品を試食・販売しています。農業を体験できる「Agri field」では、農業用水の流れをバーチャルツアーで体験できる「農業施設VR体験」や、本物の牛の乳しぼりができる「ふれあい牧場」などを設置されたのです。農林漁業学園の学生が手がける「Next marche」では、野菜のさまざまな形を利用してしおりやはがきを作る「野菜スタンプ」など、子どもが楽しめる企画も行われました。また、「Satellite farm」では特別企画として、展示されている皿や野菜のアイコンにスマートフォンをかざすと、画面に食材と料理動画が現れる「Sa la carte(サラカルト)」を実

By admin on 2018年1月19日 | 未分類 | A comment?

地方の救世主?広がる「VR観光」コト消費の充実急務 減らせるか、気分悪くなる悪質映像

美術や文化財を「鑑賞」から「体感」へ…。美術の世界や遺跡などを疑似体験できるバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)を活用した観光が広がっています。フランスの印象派画家クロード・モネの名作「睡蓮の池」の中に入り込めたり、史跡の現存していた姿を見ることができたりする仕掛けで、九州でも広がっているのです。観光庁は、地方への誘客や訪日外国人客を含めた体験を楽しむ「コト消費」を広げるため、VR活用に力を入れています。JTBグループのJTB情報システム(東京)は、国内で初めて美術館向けのVRサービスを始めましたた。第1弾は、ポーラ美術館(神奈川県箱根町)所蔵の睡蓮の世界をVRで体験できる企画です。VR映像は1分30秒で、特殊なゴーグルを掛けると、抜けるような青空に、柳などの木々が揺らめく風景が360度広がります。鳥のさえずりが聞こえ、足元にはきらめく水面にピンクの睡蓮が咲く。船に乗っているかのようにゆっくりと動き、橋をくぐると季節は夏から秋へと移り変わるのです。JTB情報システムは今後、九州の美術館などでの事業展開も視野に入れているとのことです。

By admin on 2018年1月15日 | 未分類 | A comment?

ローコストで「Googleカードボード」を使う

「VR」や「AR」という言葉自体はよく聞かれるようになったのですが、意外に普及が進んでいないように感じます。たとえば、プレステ4でVRを楽しめるPSVRという機材などはけっこう有名ですが、価格がプレステ4よりも高かったりしますし、PSVRを使用するには当然、プレステ4も必要です。ちょっと試してみたい程度の人が7~8万円を支払うというのはハードルが高く、結果として、日本ではVRがあまり普及していないのです。パソコンと組み合わせて使うVRゴーグルとして「Occulus Rift」や「HTC VIVE」などがあるのですが、これらも10万円程度して、高性能なゲーミングPCが必要だ。こんなことではVRが流行らなくても仕方ないというものです。しかし、実はローコストにVRを楽しむことも可能で、日本でもひそかに一部で流行しているようです。それは「Googleカードボード」を使うことです。これはGoogleが提供しているVRビューワーで、メイン部分が段ボール紙でできていて手軽に組み立てることができるのです。

By admin on 2018年1月9日 | 未分類 | A comment?

VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」

仮想現実(VR)技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化しています。従来はできなかった表現が可能になるため、クリエイターの意欲が強いほか、既存サービスの魅力を高める効果も期待されているのです。VRを楽しめる端末はまだ普及しておらず、収益性が課題ですが、将来的にはゲームなどとともに、映像コンテンツ市場も拡大が予想されていて、各社はノウハウの蓄積に余念がありません。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が販売する「プレイステーション(PS)VR」は、主にゲームを楽しむ端末ですが、映像コンテンツの提供も目立ります。SIEと映像制作のアニプレックス、カヤックは、アニメ映画を題材とした映像作品「傷物語VR」を開発しました。ゴーグル型の端末をかぶると、アニメの登場人物が隣に座り、一緒に映画のハイライト映像を見るという内容です。仮想空間の中なので、この映像をさまざまな形で映し出すことができます。教室で見始めたはずが、いつの間にか屋外にいたり、映像が水たまりや割れたガラスの破片、霧に投影されるようになるのです。

By admin on 2017年12月23日 | 未分類 | A comment?